読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れたあの街

今週のお題「好きな街」

学校を考えるにあたり、○○県や△△△県にある学校も受験したいなどと考えた。しかし、学力の関係で□□県の学校を受験することになった。□□県は「人生で行くことのないだろう都道府県ランキング」の上位にあり、実際受験するときが初めて訪れた時であった。志望校を落とさなければならなかったし、田舎と聞いており、最初は期待できなかった。しかしどうだろう、ネットで学校周辺を調べると魅力が大変ある街だった。

その学校のある市は□□県の県庁所在地ではないが、県内では県庁所在地の次か、また次に規模の大きい市だった。元城下町で城がきれい。近くにある山も富士山ぽくていい。夏のお祭りも目を見張る見所たくさん。桜並木もきれい。そして、明治時代のレンガ造りの建築などが残っており、所々趣のある街だった。

受験が迫るほどに、その街での一人暮らしの生活を思い描き、勉強にも身が入って、合格してやるという気持ちが大きくなった。しだいにこんな所(自宅)に住んでいるより、あそこで一人暮らしする方がずっとましだと思うようになった。実家のある街のお祭りなんて参加したことないし、これからも参加しないんだし、どうせならあそこでのあの街のお祭りに参加し、あの街を愛し、セカンドライフを送っていこうじゃないかと思うようになった。

結果は…ダメだった。実家の近くの学校に幸い合格していたのでそこに通うことに。

それからは結局実家に残ることになった。人生の間ずっとこの街に残ることだろう。一人暮らしする期間がこれからあるか考えたが、無さそうだ。

ひそかに、もしその街に住むことになったら、その街の写真をいっぱい撮って、後々はいい場所を誰かに発表できるくらい詳しくなろうとも考えたけど、無理だ。でも正直自分の街のことも知っているようで知らない。




f:id:lismoonx:20160313120658j:plain



これは実家から少し遠い所で撮ったもの。電車からこの建物のてっぺんしか見えなくて教会があると思ったが、普通の建物だった。一階がコーヒーショップになっている。意外と知らないこともあるもんだ。自分の街を好きになれるようにしたい。